中学受験を勝ち抜く!お役立ち文房具

本人の努力と塾、そして家族のサポートがあってこそ中学受験は成功するもの。そう思う方がほとんどかと思います。しかし、もっと身近なところに強力な仲間が存在します。勉強中に常に身に着けている存在、それが文房具なのです。
 中学受験の主役は小学生。小学校では筆圧のかけ方や持ち方の指導上、シャープペンシルではなく鉛筆を使うように指導されている児童も多いです。しかし、学校外の勉強量では鉛筆だとすぐに先が丸くなる、軸が細く書きづらいなど鉛筆の限界を感じることも。そんな時にはぜひ「芯ホルダー」を使ってください。
 芯ホルダーとは鉛筆芯と同径の芯を挟み込んで使用する筆記具で、シャープペンシル感覚で鉛筆のような太さの字が書けます。先が丸くなると専用の芯研器で手軽に削りたての鉛筆のような書き味が蘇ります。シャープペンシルの手軽さと鉛筆の描きやすさを両立させた存在、それが芯ホルダーなのです。
 中学受験を成功させる秘訣は効率よく小学校の学習を修了し試験問題の難問に応用させること。こつこつ勉強するのも大事ですが、文房具の性質を理解し道具を駆使することでライバルに差をつけるという方法も中学受験を制する立派な戦法です。
もっと詳しく調べるにはここ(→http://www.clivebarnes.com/)に書いてあります。