3割の勝ち

FX取引をはじめたばかりの方がFXの重要なところを探すためにはまず最初に取引経験を重ねていく事が不可欠です。

 

未然にリスクを察知できるようにするようになるには、間違いを重ねる事も経験のひとつです。

 

負けたといっても、やり直しが効かないほど致命的な過ちをしてはいけない。

 

取り戻せるぐらいの過ちを何回も実践する事が、結果として己のレベルを上げてくれるはずです。

 

それを考えると、初めは少額で売買を行い数回ちょっとした失敗をすることを推奨します。

 

例えとして、100万円しか投資する余裕が無い場面で、はじめに100万円を全て賭けて売買すると、損した時、その後取り返せない可能性があります。

 

そうであるならば、ひとつの例として10%ずつ売買してこれで取引を積み重ねた方が、段々とマイナスを埋め合わせる手段なども学習していくはずです。

 

まずわずかな額でトレードする事の利点は既出の通り、自身の経験を増やし、マイナスをコントロールする方法を学んでいく事にありますが同時に、注文の回数を積み重ねて不確実性を削減する事ができるというメリットもあります。

 

想定として、1度だけの取引で勝てる可能性が5割だと考えます。

 

すると、同じだけマイナスになる可能性もあります。

 

勝率50%ということは半々の割合で利益が上げられる事を意味している。

 

ですが、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけの取引をするということは100%の勝ちか、100%の負けかの片方になってしまいます。

 

そのままでは単なる丁半バクチと同じ。

 

これは、全財産を投資して1度しか仕かけないと、その分だけ大損する確率が高まってしまいます。

 

これを避けるために、資金を全額賭けるのではなく、少額ずつ分けて投資回数を多くすることがリスク分散となる。

 

だからといって何回かに分けたとしても、すべてに儲ける事は必須ではありません。

 

勝利できないのが実際のところです。

 

取引で大事なのは勝つ回数ではなく、どれほど稼ぐかです。

 

勝率が2分の1でも、たとえ勝率が低くても稼ぐ事は出来ます。

 

それ以上負けても損がわずかならば、3割の勝ちの利益の大きさで十分儲けられる。

 

そのために大切な事は損失を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損したら間髪を入れず損切り注文して、それとは反対に利益を上げられる時には大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引初めての方が為替で勝利するための方法です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 3割の勝ち
  2. テスト